MEXT-SGU(奨学金)

MadhuraさんがMEXT-SGUに選ばれました!

MEXT-SGUは文部科学省が優秀な大学院留学生に授与する奨学金です。

大学内から2人という、とても限られた枠に選ばれました。

Madhuraさんは活躍続きです。

おめでとうございます!

2021年9月10日

EPFLでVisiting Professor職を得ました

水野がEPFL(École polytechnique fédérale de Lausanne/スイス連邦工科大学ローザンヌ校)でVisiting Professor職を得ました!

10月1日からスタートします。

EPFLではCarl Petersen研究室との共同研究で光遺伝学的手法を学びます。

新生仔脳の神経活動を光操作することで、神経回路形成における神経活動の役割を解明する事を目指します。

アルプスとレマン湖を望むEPFLキャンパス

(© 2017 Mediacom EPFL)

2021年9月8日

第44回日本神経科学大会

Madhuraさんが、第44回日本神経科学大会/第1回CJK国際会議でポスター発表しました!

浩美さんも共発表者に入っています。

poster

小原さんも応援に来てくれました。

当日は水野もシンポジウムでオーガナイザーと発表があり、充実した一日でした。

お疲れさまでした。

2021年7月28日

プレ柴三郎プログラム研究会

プレ柴三郎プログラムの研究会で小原さんが発表し、審査員特別賞を頂きました。

当プログラムは、熊本大学が学部生の研究を奨励するために行っているものです。

発表では、昨年12月からラボで始めた研究内容を話しました。

 

副賞として教科書も頂きました。勉強が進みますね!

おめでとうございます!

(写真は後日撮ったものです)

 

2021年3月26日

論文が採択されました!

IRCMSに着任してからの初の研究論文がアクセプトされました。

さらに成果を出せるよう着実に研究を進めていきたいと思います。

 

Hidenobu Mizuno (単独責任著者), Madhura S. Rao, Hiromi Mizuno, Takuya Sato, Shingo Nakazawa, Takuji Iwasato

NMDA receptor enhances correlation of spontaneous activity in neonatal barrel cortex

J Neurosci in press.

2020年12月15日

日本神経科学大会シンポジウムが採択されました

代表オーガナイザーとして応募していた第44回日本神経科学大会の公募シンポジウムが

一般枠で採用されました!

素晴らしい機会を頂き感謝いたします。

 

シンポジウムタイトル

・神経活動依存的なネットワーク形成:細胞間コミュニケーションから細胞内分子シグナルまで

Activity-dependent network formation: From intercellular communication to intracellular signaling

 

発表者は日本から2人と海外から3人の予定です。

これからも日本の研究発展に貢献できるよう全力を尽くします。

 

 

2020年12月8日

優秀留学生表彰を受けました

大学院生のマドゥラさんが公益財団法人肥後医育振興会から

優秀留学生表彰を受け、外国人留学生奨学金を頂きました。

おめでとうございます!

2020年11月5日

論文が採択されました

大学院生のMadhuraさんが筆頭著者の総説論文がアクセプトされました!

彼女は神経回路形成がバックグラウンドではありませんので、半年間しっかり勉強して作成しました。

ケーキでお祝いしました。

次は研究論文も頑張りましょう!

 

Rao and Mizuno

Elucidating mechanisms of neuronal circuit formation in layer 4 of the somatosensory cortex via intravital imaging.

Neurosci Res in press.

2020年10月9日