研究業績

論文

2020

  • Elucidating mechanisms of neuronal circuit formation in layer 4 of the somatosensory cortex via intravital imaging.
    Rao M.S., Mizuno H** (**Corresponding author)
    Neuroscience Research in press.
  • Four-dimensional imaging with virtual reality to quantitatively explore jigsaw puzzle-like morphogenesis of Arabidopsis cotyledon pavement cells.
    Higaki T**, Mizuno H** (**Corresponding authors)
    Plant Biotechnology in press.
  • Developmental Phase Transitions in Spatial Organization of Spontaneous Activity in Postnatal Barrel Cortex Layer 4.
    Nakazawa S, Yoshimura Y, Takagi M, Mizuno H, Iwasato T.
    J Neurosci. 2020 Sep 30;40(40):7637-7650.


2019

  • High mitochondrial mass is associated with reconstitution capacity and quiescence of hematopoietic stem cells.
    Takihara Y, Nakamura-Ishizu A, Tan DQ, Fukuda M, Matsumura T, Endoh M, Arima Y, Chin DWL, Umemoto T, Hashimoto M, Mizuno H, Suda T
    Blood advances 3(15) 2323-2327


2018

  • In Vivo Two-photon Imaging of Cortical Neurons in Neonatal Mice
    Mizuno H**, Nakazawa S, Iwasato T (**Corresponding author)
    Journal of Visualized Experiments 140 e58340
  • Differential dynamics of cortical neuron dendritic trees revealed by long-term in vivo imaging in neonates.
    Nakazawa S, Mizuno H, Iwasato T
    Nature communications 9(1) 3106
  • Patchwork-Type Spontaneous Activity in Neonatal Barrel Cortex Layer 4 Transmitted via Thalamocortical Projections.
    Mizuno H**, Ikezoe K, Nakazawa S, Sato T, Kitamura K, Iwasato T** (**Corresponding authors)
    Cell reports 22(1) 123-135


2016

  • Supernova: A Versatile Vector System for Single-Cell Labeling and Gene Function Studies in vivo
    Luo W*, Mizuno H*, Iwata R, Nakazawa S, Yasuda K, Itohara S, Iwasato T(*Cofirst authors)
    Scientific Reports 6(Article number: 35747) 35747


2015

  • Developmental RacGAP α2-Chimaerin Signaling Is a Determinant of the Morphological Features of Dendritic Spines in Adulthood
    Iwata R, Matsukawa H, Yasuda K, Mizuno H, Itohara S, Iwasato T
    The Journal of Neuroscience 35(40) 13728-13744


2014

  • Transcallosal Projections Require Glycoprotein M6-Dependent Neurite Growth and Guidance.
    Mita S, de Monasterio-Schrader P, Fünfschilling U, Kawasaki T, Mizuno H, Iwasato T, Nave KA, Werner HB, Hirata T
    Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991)
  • NMDAR-Regulated Dynamics of Layer 4 Neuronal Dendrites during Thalamocortical Reorganization in Neonates.
    Mizuno H, Luo W, Tarusawa E, Saito YM, Sato T, Yoshimura Y, Itohara S, Iwasato T
    Neuron 82(2) 365-379


2010

  • Pre-synaptic and post-synaptic neuronal activity supports the axon development of callosal projection neurons during different post-natal periods in the mouse cerebral cortex.
    Mizuno H, Hirano T, Tagawa Y
    The European journal of neuroscience 31 410-424


2009

  • Control of cortical axon elongation by a GABA-driven Ca2+/calmodulin-dependent protein kinase cascade.
    Ageta-Ishihara N, Takemoto-Kimura S, Nonaka M, Adachi-Morishima A, Suzuki K, Kamijo S, Fujii H, Mano T, Blaeser F, Chatila TA, Mizuno H, Hirano T, Tagawa Y, Okuno H, Bito H
    The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 29 13720-13729


2008

  • Activity-dependent development of interhemispheric connections in the visual cortex.
    Tagawa Y, Mizuno H, Hirano T
    Reviews in the neurosciences 19(1) 19-28


2007

  • Evidence for activity-dependent cortical wiring: formation of interhemispheric connections in neonatal mouse visual cortex requires projection neuron activity.
    Mizuno H, Hirano T, Tagawa Y
    The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 27 6760-6770
  • Interactions between plexin-A2, plexin-A4, and semaphorin 6A control lamina-restricted projection of hippocampal mossy fibers.
    Suto F, Tsuboi M, Kamiya H, Mizuno H, Kiyama Y, Komai S, Shimizu M, Sanbo M, Yagi T, Hiromi Y, Chédotal A, Mitchell KJ, Manabe T, Fujisawa H
    Neuron 53(4) 535-547


発表  

2019

  • In vivo imaging of the developing cerebral cortex to elucidate the mechanism for activity-dependent circuit maturation
    Hidenobu Mizuno
    IBRO 2019 (The 10th IBRO World congress of Neuroscience): Symposium (Development and plasticity of brain connectivity) 2019年9月25日
  • Elucidating the mechanisms for activity-dependent neuronal circuit formation by in vivo imaging. [招待有り]
    Hidenobu Mizuno
    Korea Advanced Institute for Science and Technology (KAIST), Daejeon, Korea 2019年9月19日
  • In vivo imaging of the developing cerebral cortex to elucidate the mechanisms for activity-dependent circuit formation [招待有り]
    水野 秀信
    九州大学・医学研究院 2019年5月9日
  • 生体マルチスケールイメージングによる脳神経回路形成機構の解明 [招待有り]
    水野 秀信
    大阪大学・Frontier Bioscience Seminar 2019年1月15日


2018

  • ミクロとマクロの生体同時イメージングを目指して [招待有り]
    水野 秀信
    新潟大学脳研究所・新潟脳神経研究会特別例会 2018年11月13日
  • In vivo two-photon imaging of developing neuronal circuits in the cerebral cortex [招待有り]
    Hidenobu Mizuno
    KU-KAIST Joint Symposium, Daejeon, Korea 2018年10月22日
  • In vivo imaging of the developing cerebral cortex to elucidate the mechanism of circuit refinement [招待有り]
    Hidenobu Mizuno
    University of Zurich, Brain Research Institute, Zurich, Switzerland 2018年7月4日


2017

  • 生体イメージングによる発達期の脳神経回路形成機構の解明 [招待有り]
    水野 秀信
    新潟大学脳研究所・新潟脳神経研究会特別例会 2017年12月20日
  • In vivo imaging of the developing mouse somatosensory cortex for elucidating the mechanism of neuronal circuit refinement [招待有り]
    Hidenobu Mizuno
    Circuit construction in the mammalian brain, NIG symposium 2017年12月5日
  • Imaging the mouse barrel cortex in vivo to analyze the mechanism of cortical circuit development [招待有り]
    Hidenobu Mizuno
    National Taiwan University main campus, Taipei 2017年11月28日
  • In vivo 2-photon imaging of neuronal activity in developing cerebral cortex [招待有り]
    Hidenobu Mizuno
    National Taiwan University medical campus, Taipei 2017年11月27日
  • 発達期脳の生体イメージングによる、脳神経回路形成と脳病態の解明
    水野 秀信
    熊本大学 第14回生命資源研究・支援センターシンポジウム 2017年11月14日


2016

  • In vivo 2-photon imaging of neuronal activity in layer 4 of the neonatal somatosensory cortex (blitz talk) [招待有り]
    Hidenobu Mizuno, Takuya Sato and Takuji Iwasato
    Cell Symposia: Big Questions in Neuroscience, San Diego, USA 2016年11月10日
  • ミクロとマクロのイメージングの統合による新分野の開拓
    水野秀信(セッション企画者兼任)
    日本発生生物学会秋季シンポジウム:発生と機能のイメージング 2016年10月19日


2014

  • マウス大脳皮質神経回路形成の生体イメージング [招待有り]
    水野秀信
    遺伝研研究会 哺乳類脳の機能的神経回路の構築メカニズム 2014年12月2日
  • 神経活動依存的な大脳皮質神経回路形成の生体イメージング [招待有り]
    水野秀信
    京都大学理学研究科 生物物理学セミナー 2014年11月10日
  • NMDAR-regulated dynamics of layer 4 neuronal dendrites during thalamocortical reorganization in neonates
    Hidenobu Mizuno and Takuji Iwasato
    International institute for advanced studies: “Novel developments on the study of life and biological systems based on genome engineering and imaging science “(口頭発表) 2014年2月


2013

  • 新生仔大脳皮質2光子イメージングによるNMDA受容体依存的な樹状突起形成過程の解明
    水野秀信
    遺伝研研究会2013「哺乳類脳の機能的神経回路の構築メカニズム」 2013年12月19日
  • 新生仔体性感覚野2光子イメージングによるNMDA受容体依存的なバレル細胞樹状突起精緻化過程の解析
    水野秀信、Wenshu Luo、斎藤芳和、糸原重美、岩里琢冶
    第36回日本神経科学大会・Neuro2013(口頭発表) 2013年6月


2008

  • マウス視覚野における神経活動依存的な脳梁軸索投射形成メカニズムの解析
    水野秀信、平野丈夫、田川義晃
    第31回日本神経科学大会(口頭発表) 2008年7月


研究費

2019

  • 新生仔脳生体イメージングによる神経活動・回路形成連関の解明
    公益信託 成茂神経科学研究助成基金: 2019年度
    研究期間: 2019年 代表者: 水野 秀信
  • 神経活動依存的な大脳皮質神経回路形成メカニズムの新生仔脳2光子生体イメージングによる解明
    公益財団法人 内藤記念科学振興財団: 2018年度内藤記念次世代育成支援研究助成金
    研究期間: 2019年 – 2021年 代表者: 水野 秀信
  • 発達期大脳皮質で発見された同期的情報伝達の神経回路形成における役割
    公益財団法人 光科学技術研究振興財団: 平成30年度研究助成
    研究期間: 2019年 代表者: 水野 秀信
  • 脳神経回路形成メカニズムの生体イメージングによる解析
    大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立遺伝学研究所: 2019年度「NIG-JOINT」共同研究(A)
    研究期間: 2019年 代表者: 水野 秀信


2018

  • 生体新生仔における活動依存的な大脳皮質神経回路形成メカニズムの解明
    公益財団法人 千里ライフサイエンス振興財団: 2018年度岸本基金研究助成
    研究期間: 2019年 – 2020年 代表者: 水野 秀信
  • 生体イメージングによる脳神経回路形成および病態機序の解明
    公益財団法人 金原一郎記念医学医療振興財団: 第33回基礎医学医療研究助成金
    研究期間: 2018年 – 2019年 代表者: 水野 秀信
  • 大脳皮質神経回路形成メカニズムの新生仔生体イメージングによる解析
    公益財団法人 武田科学振興財団: 2018年度医学系研究継続助成
    研究期間: 2018年 代表者: 水野 秀信
  • 新生仔脳の生体観察による神経回路形成機構の解明
    公益財団法人 上原記念生命科学財団: 平成29年度研究奨励金
    研究期間: 2018年 – 2019年 代表者: 水野 秀信


2017

  • 脳疾患動物モデルの生体イメージングによる、脳疾患機序の解明
    新潟大学脳研究所: 新潟大学脳研究所共同利用・共同研究
    研究期間: 2017年 – 2018年 代表者: 水野 秀信


2016

  • 新生仔脳深部の生体イメージングによる活動依存的な視床皮質回路形成の包括的解析
    文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
    研究期間: 2016年 – 2019年 代表者: 水野 秀信


2015

  • 生体新生仔における大脳皮質神経細胞の活動観察法の開発
    文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    研究期間: 2015年 – 2016年 代表者: 水野 秀信
  • 大脳皮質神経回路形成メカニズムの新生仔生体イメージングによる解析
    公益財団法人 武田科学振興財団: 2015年度医学系研究奨励
    研究期間: 2015年 代表者: 水野 秀信


2013

  • 幼仔期大脳皮質発達メカニズムのin vivo二光子イメージングによる解析
    文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    研究期間: 2013年 – 2014年 代表者: 水野 秀信


2012

  • 新生仔マウス体性感覚野におけるバレル細胞樹状突起の精緻化過程とNMDARの役割
    文部科学省: 新学術領域研究『包括型脳科学研究推進支援ネットワーク』(優秀若手研究者奨励プログラム)
    研究期間: 2012年


2010

  • マウス遺伝学と電気穿孔法の融合による大脳皮質バレル野形成機構の解明
    文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間: 2010年 – 2011年 代表者: 水野 秀信


2009

  • 若手研究者海外派遣プログラム(Society for Neuroscience annual meeting 参加)
    文部科学省: 新学術領域研究『神経系の動作原理を明らかにするためのシステム分子行動学』
    研究期間: 2009年9月


2008

  • 大脳皮質間の軸索投射におけるシナプス前・後細胞の神経活動の役割
    日本学術振興会: 特別研究員奨励費
    研究期間: 2008年 – 2009年 代表者: 水野 秀信